カンジタ症も私たちにとっては身近な病気ともいえます。一般的には性器カンジダ症となりますが、皮膚カンジダ症となってしまったり、口腔カンジダ症やさらに胃腸やその他の症状を生むなどいろいろな症状のきっかけとなります。

もしかするとあなたもカンジダ症?

疲れやすい下痢や便秘しやすい胃痛がするなど、普段からありがちな体調の悪化は実は、カンジダ菌が原因なんてこともありえます。ただの年齢によるものと思っていたら、そうでないケースもあるので、体調については常にチェックしていきましょう。

ただし、もしもカンジダ症になってしまった場合、時にはそれが自然治癒というケースもあります。というのも、免疫力が低下することで起こるので、免疫力がアップすることで回復することもあるのです。
ところがやはり普通に考えれば、しっかりと治療を前向きに望んだ方がいいでしょう。

病院で診察を受けよう

性器カンジダ症を例にあげると、泌尿器科へいき、問診を受けることとなります。
泌尿器科では、症状について問診を受けることとなります。あとは血液検査や実際に性器の状態をみてもらったり、皮膚の採取をして検査などをすることもあります。

あとは、軟膏が処方されてそれを塗って治療をすることとなります。必要に応じて飲み薬を処方されることもあります。あとは一定期間、服用したり、塗って様子を見ることとなります。もちろん、指定された日にまた診察を受けて、あとは完了となります。

再発しやすいカンジダ症

いったん完治したとしても、しばらくたって再発するケースもかなり高いです。もしも軟膏など薬があればそれを使ったり、また診察を受けることとなります。
なかには病院から処方された薬と同じものをネットで購入して、それで治療するなんて男性もいます。

最初は病院へ

はじめての発症では、やはりカンジダ症とはっきりさせるためにも、病院へ行くようにしましょう。