私たちの生活において、性行為も妻や彼女との大切なコミュニケーションだったり、愛情を確認する行為とも言えます。
また、性行為により気分がリフレッシュすることもあり、男性でも女性でも欠かすこともできないものです。

性行為によりカンジダ症は感染するのか

もともとカンジダ菌は各個人の体にいるとも言われていて、それが繁殖することで干渉してしまうのです。繁殖もしなければ、特に体への影響はないとされています。
ですので感染した、他の人からうつったからといってすぐに何かしらのカンジダ症が起こるとは言えません。保有していながらも何年も健康なんていても珍しくはないのです。

とはいえ、かなり少ないとも言われていますがカンジダ菌を観戦してしまう、また他の人へうつしてしまうことはありえます。特にうつすケースとしてはやはり性行為となってしまうのです。

清潔にすることが大切

性行為でのうつす可能性があるということで、まず性行為をするときにはいくつか注意点もあります。
まずは、性行為の前と後では、体を洗うようにしましょう。特に男性の場合には、性行為で男性器を女性に口で愛撫してもらうことが多いので、もしも性器にカンジダ菌がいるとうつす可能性がでてきます。
コンドームをつけてしてもらうのがいいのですが、なければまずは清潔にすることを心がけましょう。なお、終わった後も清潔にしておくと、女性からの感染予防や繁殖の予防へと繋がります。

また、もしもカンジダ症かもと思ったり、性器に違和感などがあるときには性行為は控えた方がパートナーや女性のためとなります。

最後はコンドーム

コンドームは避妊のためでもありますが、やはりカンジダ菌などの感染を防ぐことにも役立ちます。自分のためはもちろん、パートナーのためにもコンドームをつけて性行為をしていきましょう。