カンジダ症も男性よりは、女性に起こりやすい病気です。とはいえ、性器に起こることも多く、人によっては内蔵や皮膚などさまざまな部位へと起こってしまうのです。

いつ起こってもおかしくありませんし、時には女性からうつされるので、パートナーがいてもリスクはあるといえます。

カンジダ症に男性がかかってしまうと

カンジダ症の原因となるカンジダ菌も男性ももともと保有していることもありますが、普段は免疫力などにより発症することはありません。
また発症しても実は、自然に治癒してしまうなんてこともあります。

そのくらい本来は問題にもならず、せいかつに支障をきたすなんてことはありません。
しかし、もしも発症しても酷くなると、生活に影響しかねることもあります。

たとえば、性器カンジダ症になるとやはり他の女性と性行為をして、感染したんだと言う誤解を招く恐れもあります。さらに性器カンジダ症から尿道炎など、他の病気へと進行してしまう可能性もあります。

また、発症した部位によっては痛みを感じることもあり、生活に支障をきたすケースだってあるのです。

性器カンジダ症の症状とは

カンジダ症になるときには、性器に症状が出ることが多いです。その場合、どんな症状がでるのでしょうか。

よくあるのは、鬼頭が白くかさかさしてきたり赤い発疹がおきたり、また皮がきれやすくなったりかゆみ痛みがでやすくなります。
そのままにしていても、自然と治るケースもありますが、生活習慣がよくないと、たとえば睡眠不足や仕事で疲れがたまっていると、症状も続きやすくなります。

パートナーがいる男性は

もしも彼女や妻といったパートナーがいる男性は、パートナーへうつしてしまう可能性もあります。
万が一に備えて性行為を控えて、早めに病院へいくことが必要となります。