カンジダ症は、カンジダ菌はよって引き起こされます。菌による病気なので、なんとなく怖いイメージもありませんか。

また、性器へカンジダ症が発症することもわかると、やばい病気なのかというイメージも出てきます。
確かに性器の病気は周りの目も気になりますし、イメージはよくありません。

カンジダ症は恥ずかしくない

そもそも菌が元と聞くと、やっぱり性行為が原因とか、また淫らな生活をしている、浮気や不特定多数の異性となんてついつい思われてしまいがちです。特に女性が性病や性器に異変があると聞くと、やっぱり白い目で見られたり、パートナーに誤解されそうと不安になってしまうでしょう。

しかし、実はカンジダ菌は誰でも持っている常在菌です。ですので、カンジダ症は性行為が経験がない女性でも、発症することもあるのです。

また、カンジダ菌は母子感染をすることも普通にあります。たとえば、赤ちゃんがお母さんの体内にいるころにカンジダ症を発症してしまい、さらに生まれるときに産道などで赤ちゃんに感染することもあるのです。
また、赤ちゃんに食事させるときにスプーンや口移しなどして、カンジダ菌がお母さんから赤ちゃんにうつることもあるのです。
もしかするとお母さんからうつってしまったカンジダ菌が、あなたの体内にいることもあるのです。

もちろん、性行為でカンジダ菌が男性と女性の間で、相手からうつされてしまうケースもありえます。そのときには口腔カンジダ症も発症しやすいのも特徴的と言えます。

とはいえ、カンジダ症だからと浮気や不特定多数というのは偏見で、パートナーからやはり感染してしまうというのはあるのです。パートナーが普通に発症していなくても、あなたは発症してしまうのもカンジダ症ではあまり前の話なのです。
なので、もしもパートナーからといただされても、恥じることもありません。またパートナーがなってしまったときには、信じてあげて、治療を協力してあげましょう。

カンジダ症は男女差はある

カンジダ症については、男性と女性でいろいろと差があります。
それはまず、発症についてです。発症は女性の方がしやすいとも言われています。

まずは免疫力や体力の差です。女性の方が男性よりも低かったりしますし、また生理などで月の体調の変化も激しいので、やはり発症しやすいのは女性です。
また、薬や抗生物質を飲むと、悪い細菌やウイルスを除去しますが、そのときに乳酸菌などもへったりしますので、そのため、膣内部のカンジダ菌が増えてカンジダ症を発症することもあります。女性が薬や抗生物質の影響を受けやすいのも、差が出てくる根拠となります。

生理や妊娠などでもホルモンバランスや体調の変化も大きくなるので、この時期にカンジダ症を発症はしやすくなるのです。

あたは下着やパンストや服装など、男性と比べると通気性も低くなりやすく、カンジダ菌は繁殖しやすい環境とも言えます。
こうしてみると、男性よりも女性が発症してもおかしくないという状態に常にあるのです。

また発症しても、女性だと性器カンジダ症になると、性器から尿道や子宮などにも感染してしまい、他の病気になるといったことも多くあります。体の構造上、影響を受けやすいのも女性です。

男性でのカンジダ症は

男性でのカンジダ症の詳しい内容は子ページにて紹介します。
とはいえ、やはり症状や治療で気を付けることがあり、また性行為でも気を付けることもあります。

男性も女性もカンジダ症の正しい知識をつけることが、お互いのためになることは間違いないのです。